はるの思い

周産期先進医療の発達により、障がいのあるお子さんや

医療的ケアを必要とするお子さんは、ここ10年で2倍に増えています。

また、そのようなお子さんを育児する親御さんは24時間つきっきりで

子どもの介護にあたっている現状があります。

「はる」は訪問看護、障害児通所支援、相談支援の3つのサービスを提供しており、

​医療・福祉の2つの側面から、お子さまの生活をトータルサポートします。

「はる」だから出来ることがあります。

どんな障がいがあっても、どんな医療的ケアがあっても子どもが家にいることは当たり前のこと。

そのためにお手伝いをします。

子どもが地域で生活できる。そのためのお手伝いをします。

お子さま、ご家族が、笑顔でいられる。そのためのお手伝いをさせて下さい。

一般社団法人はる訪問看護ステーション
代表理事 三島 大地